2012/12/31

2012年を振り返って

思えば2012年は良いことと悪いことが半々でした。

一昨年末に倒れて要介護になった父は、退院したけど結局自宅には戻れていません。
しかし春先まで危ない時期もあったことを思えば、認知症もないことだし、ゆっくりながら回復していることは奇跡のようです。
介護している母の方が物忘れがひどくなって、何かとすぐにパニックになってうろたえるし、心配かもしれません。

仕事の方では、中国の大きなプロジェクトチームに入り、1月から7月まで広州に5回出張しました。
大所帯のチームで日本人は私一人だったので、中国やフィリピン、シンガポールのメンバーとたくさん親しくなれたことは収穫でした。
中国のと同時にインドのプロジェクトも常に4~5個掛け持ちしていました。あとタイのプロジェクト2つと。
これらは全て遠隔でやっていたけど、インドやタイの各サイトの多くのメンバー達と密に働けたことも良かったことの一つです。

10月には、前述の猫、トラッキーを亡くしました。
耐えられないくらい哀しい出来事だったけど、トラは私達と出来る限り長く一緒にいれるようにと治療を頑張ってくれたのが痛いほどわかっていたので、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして11月末で、会社を辞めました。気づけば23年と11ヶ月勤めてました。あの会社でこんな長く勤める人は数少なく、私の部署では4月に1つ年上の人が辞められて以来、私が最年長になっていました。
ようこんなしんどい会社にここまでおれたな~、と思った次第。しんどかったけどそれ以上にいっぱい楽しかったし、これまでやってきたことには満足しています。

しかし、再就職戦線は厳しい!!
わかっているけど、とりあえずのんびりするぞ~と、台湾に旅行し、白浜で温泉に浸かって子パンダさんを見て癒され、すっかりリラックス。そして勤労意欲がすっかり失せてしまい…ヾ(;´Д`A
でも来年は心機一転、就活に励みたいと思います。いい年になればいいな。

皆さんも良いお年をお迎え下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/06

さよならトラッキー

我が家の猫、三男坊のトラッキーことトラが、午前二時に息を引き取りました。9歳2ヶ月は、今どきの飼い猫にしては短い命でした。

Tora去年の7月中旬に急に食べなくなって、慢性腎不全と診断されてから1年2ヶ月の闘病生活でした。先生にもびっくりされるほどよく頑張ったトラ。ほぼ毎日の皮下輸液の点滴でなんとか持っていたけど、直近の血液検査では腎臓の値がMAX振りきれるほど悪くなっていて、先生には、これで生きてるのが不思議なくらいと言われていました。
それでもトラは最後まで寝付くことなく、なんとか少しずつはゴハンも食べて動いていたので、まだ持つと思っていたけど、今夜はいつもはいない部屋の隅でじっとしていて、覚悟してるかのようでした。
その後のことは辛過ぎて書けないけど、昼間誰もいない時でなく、相方と私で最期を見送れたことが辛かったけど幸いでした。
それから二人でお通夜をして、トラは今にもまた起きだしそうな穏やかな顔で寝ています。

トラッキー、9年間楽しかったよ、ありがとう。
きっと虹の橋で元気に遊んで待っててくれるね。それまでさよならトラッキー。

そして、13歳になった海と島にはトラッキーの分まで長生きしてくれるよう健康に気遣っていきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/14

不思議な体験、記憶が…

日・月で、白浜温泉に一泊してきた。ここの温泉のお湯が気に入って、通うこと6回目spa

いつも相方と泊まるといびきがうるさくて寝付けないので、今回は導眠剤を服用してみたら爆睡sign03

翌朝、朝ごはんを食べながら、「ゆうべのマッサージチェアは…」という話になり、
「え、マッサージチェア、行ってきたん?私が寝てから?」と私。
相方が行きたいと言っていたのは覚えていたのだが…。

「アンタも一緒に行ったやん」

「えっ……sign02

そういえばうっすらと、マッサージチェアの辺りにいて備え付けのDVDをいじった記憶があったのだけど、それは夢だと思っていた。
ひょえーー、あれは夢ではなかったのかshock

マッサージチェアへの行き帰りとか、マッサージ中のこととか、まったく思い出せなかったsweat01
薬のせいで眠くなっていて、夢うつつのままマッサージチェアに行ったらしい。


私はあまりお酒が飲めないので、酔って記憶がとんだという体験をしたことがない。
記憶がとぶってどんな感じなのかなーと、前々から興味はあったのだが、こんなことで体験するとはねcoldsweats02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/17

日常のありがたさ

東日本大震災の被害は、私達が遭った阪神淡路大震災の何倍もの規模になりそうだ。
震災報道ばかりのテレビを見ていると16年前のことを思い出す。あの頃もきっと、被災地外の人達はこういうもどかしい思いをしながら見ておられたのだろうな、と、逆の立場になった今わかる。

16年前、私はもともと地震の日の2週間後に沖縄に行く予定をしていた。沖縄で一人芝居をしていた藤木勇人さんの公演を初めて見る為に。
被害の全体像を把握できていなかった最初の数日は、2週間もすれば行けるようになるものと思っていたが、空港まで行く手段さえ当分確保出来ない、それどころかまだ自宅にも帰れない状況で、旅行どころではないと認識して、5日目ぐらいに藤木さんの事務所にキャンセルの電話を入れた。急にキャンセルで申し訳ないという気持ちでいっぱいでかけたのだが、電話に出ていただいた藤木さんの奥様に、
「いけやんさん!無事で良かった!毎日心配して新聞の死亡欄を見てました。チケットキャンセル?当然でしょう?全然構わないので気をつけて下さい」
というような事を言われて驚いた。
まだ、一度もお会いしたことなくて、電話で予約を入れただけなのに、こんな心配してもらっていてとても嬉しかったし、旅行に行ける状況ではないということをとっくに理解していただいていたこともありがたかった。

そして、旅行など非日常的な事は、「日常」があって初めて楽しめるものなんだなぁとわかった。
普段は退屈だったり飽きてたりする「日常」。だから時々何かしら非日常的なものを求めて、遊びに行ったり、コンサートに行ったり、映画を見たり、旅行に行ったりする。
しかし日常が奪われてしまったとき、毎日がすべて非日常になり、なんとも退屈な日常でさえ有難いものだということを初めて知った。

今の被災地の方々は恐らく同じ思いでおられることだろう。関東の、鉄道や電気が止まったりしている地域の方も同様だろう。
私達に今すぐできることは義援金寄付ぐらいで、勤務先の会社が募っているのでそちらに参加した。会社は日用品製造なので、既に2便、宮城方面に製品を送ったそうだ。更に続便が岩手や茨城へも行くようだ。間接的にでもお役に立てたら嬉しい。16年前に皆さんにお世話になった恩返しが少しでもできれば。

犠牲者の方々のご冥福をお祈りすると共に、被災者の方々が少しでも早く日常を取り戻されることをお祈りしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/07

ホール&オーツ Do What You Want, Be What You Are 2011 Tour

2週間前になるが、2月21日、大阪でホール&オーツのコンサートに行ってきた。
多分7~8年ぐらい前にフェスティバルホールで、アコースティックばっかりのライブに行って以来。

仕事の都合でちょっと遅れて入った時には「マン・イーター」をやっていて、それが何曲目だったのかわからなかったのだが、完全なセットリストが載っているサイトを見つけたら、1曲目だった。大してミスらなかったことに安心。

翌日の公演セットリストだが、内容は同じだろう↓
Hall & Oates Concert at Grand Cube, Osaka, Japan Setlist on February 22, 2011
各曲、再生できるようになっているので、お好きな方はライブの雰囲気を想像してみて。

往年のヒット曲をずらり並べた感のあるセットリストだったが、当然アレンジはちょこちょこ変えていて、80年代の思い出にも浸りつつ、新鮮味もある内容だったと思うが、個人的にはもうちょっと新しい曲も加えて欲しかったな、と。
その点では、以前のアコースティックバージョンのライブの方が感動が大きかった。
時間も、1時間40分くらいで終わってしまって物足りなかったけど、もう60歳超えのお二人、体力に限界カナ?
でもダリルは高音が少し出にくいようにも聞こえたけど、声はまだまだ健在な感じ。オーツさん(w の方が、全然変わらないように見えた。

観客は同年代が多かったので、会場の雰囲気は同窓会的で和めた。男女比率は半々ぐらいだったかな。
大人の時間を楽しんだ夜だった♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«フィリピン出張終了