« トラッキーの脱出ワザ | トップページ | 3週間ぶりのテニス »

2005/05/28

海の皮膚病経過 ちょっと好転?

通院を始めて4週間が経った。先週見つかった2個目の赤いのは、だいぶん見えなくなっていて、少しは薬が効いているのかな、というカンジ。1つめのはまだ小さくならないけど、広がっているようでもない。
3年前の発症のときは、どんどん脱毛部分が広がったのだけど、今回は、皮膚の変色を確かめるため毛を剃った部分にもう毛が生えてきている。前回は、手術後もなかなか毛が生えてこなかったので、これがホルモンバランスに起因するとすると、今回は前ほど悪くないということなのかな、と、先生と話し合った。
ともかく原因もわからないので、先生もウーンと首をかしげるばかりなのだけど、とりあえず、錠剤を続けてみることになった。
今月の初めに「ePuppy」のサイトの病気相談のところに書き込んでみたのだけど、一昨日回答があった。やはり、猫の「皮膚下石灰沈着症」というのは確認されていないとのこと。石灰沈着ということなら、皮膚以外で四肢とかに石灰ができるのがあるらしいのだけど。不思議だー。
その回答では、原因がわからないと治療法もわからないので、患部を切除して検査するしかないだろうということだった。うーん、なんか振り出しに戻ったカンジ。
なんで海だけこんなことになるんだろう…。可哀想だけど、元気だし、病院も嫌がらないのが救いだ。

|

« トラッキーの脱出ワザ | トップページ | 3週間ぶりのテニス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/4335247

この記事へのトラックバック一覧です: 海の皮膚病経過 ちょっと好転?:

« トラッキーの脱出ワザ | トップページ | 3週間ぶりのテニス »