« 交流戦初カード勝ち越し | トップページ | イガー君 »

2005/05/08

海の皮膚病経過

抗生物質の軟膏投与から1週間経ったので経過を診てもらいに行った。
先生は「皮膚石灰沈着」について調べてみたけどわからないとおっしゃった。私も、猫には症例の報告がないと書かれたネット検索の結果をプリントアウトした紙を持参していて見せたけど、その程度しか情報はないようだ。
中心部の赤味は薄くピンク色に変わってきてたのだが、今日薬を塗ってやった後に掻いてしまったのか、また赤くなっていた。中心部の大きさを測ると、前回と変わっていない様子だけど抗生物質が効いているとも思えない。
前回は、脱毛した部分より広く皮膚が変色したので、周りの毛を少し剃って見てみることに。電気バリカンを取り出す先生。海は怖がるかなと思ったけどおとなしくしていて、耳の際のデリケートな部分に当たったところで数回動いたけど極めてお利口さん。
「このコは精神的に強いので助かりますわ」と言ったら、先生が「そんなのわかるんですね」と言うので「弟猫は神経質で怖がりなんで、このコで良かったです」と私。
ともあれ、毛を剃ってみると、脱毛してた部分の縁が黄色くなってたので「前回もこんなカンジ!」と言ったら、「これは汚れではないかな、軟膏のせいかも」と、先生が消毒綿で丁寧に拭き取ってみると消えていってホッとした。
そして前回の病理検査結果を見直して、中心部分は腫瘍で、その下に石灰沈着が見られるということだから、周囲は関係ないのかも、と。しかし「術後、検査に出したのが全体なのか腫瘍部分だけなのかわからないからそれもなんとも言えないんじゃないですか?」と言うと、それもそうですね~、と。
で、何かわかるかもしれないので、ということで赤い部分を少し削り取って、培養して調べてみることになった。耳掻き状の棒でコチョコチョとこすられる海。見るからに痛そうだけど、これまたお利口にじっとしている。削った後の患部にシャーレをこすり付けて、それを後で見てみるらしい。うまく培養できて見れたらいいんだけど、とのこと。
結局今日のところはわからずじまいだけど「石灰沈着なら皮膚が硬くなってくるはずだけど柔らかいから違うように思えるけどね」ということで、このまま軟膏で様子をみることになった。

|

« 交流戦初カード勝ち越し | トップページ | イガー君 »

コメント

はじめまして、龍ママと申します。

随分前の記事への投稿で失礼いたします。
海ちゃん、その後いかがですか? 実は、共に暮らす犬が皮膚石灰沈着症と診断され
皮膚石灰沈着症について調べているうち、こちらのブログにたどり着きました。

ウチの犬の場合は、他の病気の治療中に発症し、まだこの症状の名前を知ってから間もないのですが、その時に、猫でこの症状は、ごく希だと伺いました。
しかし、犬で調べても、ほとんど載っていることが同じ内容(症状の説明)ばかりですね。

海ちゃん、可愛い猫ちゃんですね。良くなって、元気に遊び回っていると良いな・・・。
私も犬の他に猫を3匹ほど・・・。^^ 沖縄の猫ちゃんを見に、また寄らせてもらいます

投稿: 龍ママ | 2005/12/09 22:39

龍ママさん、はじめまして。コメントありがとうございました。
ワンちゃん、皮膚下石灰沈着症ですか。心配ですね。
私も相当ネットで検索しましたが、確かにワンちゃんの症例が載っていても治療法までは載ってなくて困り果てました。
e-PEPPYというサイトのQ&Aに投稿してみたら取り上げてもらえまして、回答がこれでした。
http://www.peppynet.com/docadv/qa.php/B4_129.html
海は2ヵ月半ほどかかりましたが、跡形もなく完治しまして、ピンピンしています。
ま、もともと発症中もピンピンしてたのですけどね。結局抗生物質が効いたということになるのかな。
龍ママさんちのワンちゃんも早く良くなりますように。

あ、ちなみに私は沖縄病ですが住んでるのは神戸です。
また寄って下さいね。

投稿: いけやん | 2005/12/11 02:02

いけやんさん、こんばんは!
いけやんさんは沖縄の方でなく、沖縄が大好きな方だったのですね。。
投稿も失敗して2度送ってしまったし、大ボケな性格が丸出しで恥ずかしい!(汗)
e-PEPPYの回答も見て参りましたが・・・、正直、ネットの回答だとこれが限界なのかなという感想でした。。でも、海ちゃんが全快されて、ぴんぴんしていると知って、嬉しいです。
また寄らせてくださいね〜♪

投稿: 龍ママ | 2005/12/11 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/4046137

この記事へのトラックバック一覧です: 海の皮膚病経過:

« 交流戦初カード勝ち越し | トップページ | イガー君 »