« 海の皮膚病経過芳しくない | トップページ | 海の錠剤飲ませ作戦 »

2005/05/22

古謝美佐子さんライブ

何年ぶりかで古謝さんのソロライブに行った。群馬にいた間に東京まで「ゐなぐどぅしの唄会」を見に行ったけど、あれはソロではなかったし。本人にとってもソロライブは久々で、大阪では1年半ぶりだったとのこと。夏川りみちゃんとのジョイントツアーをずっとまわっていたので忙しくなってなかなかできなかったそうだ。
今回はライブ会場のみ発売のCDも出るとのことで楽しみにしていて、会場で早速ゲット…、と思ったら、あれ、何故か2種類あるぞ。とりあえず2枚とも購入。
開演してわかったのだが、2枚目の「くろいあめ」は急遽こしらえ、今日ギリギリ間に合ったのだそうだ。
今回は、比屋根幸乃ちゃんがゲストで、前半は古謝さんと佐原さん2人でしっとりと。スペインのマリアなんとかって人の歌をアレンジした曲が新しい。続いて歌ったアイルランドの曲と同様、佐原さんのアレンジと古謝さんの詩が絶妙。その後、沖縄の人達の戦前、戦中、戦後を語る代表的な歌をメドレーで。メドレー最後はやはり屋嘉節だった。
休憩をはさんで衣裳替えした古謝さん。すごくキレイでステキな衣裳。上衣は大島紬をアレンジしたのだそうだ。下は琉球王朝のプリーツスカートみたいなのの黒バージョン。幸乃ちゃんが出てくると、色違い紫バージョンだった。それもキレイ。幸乃ちゃんは少し緊張しているように見えた。
幸乃ちゃんは今までソロを出したことがなく、古謝さんと佐原さんに作ってもらった「島の姿」を披露。古謝さんが、今は東京に住んでいる幸乃ちゃんと旦那さんのことを思って書いた詩だそうで、幸乃ちゃんは歌いながら途中で涙ぐんでしまった。
ラストは「天架ける橋」で締めて、アンコールはミニリクエスト大会。5曲ぐらい、2コーラス程度ずつ幸乃ちゃんと歌った。そして「踊ってみる?」と客をステージに上げてカチャーシー大会、そして最後に、今度幸乃ちゃん、ナミコネーネーと3人で結成することになった「さんさら」の新曲を歌って終わった。
気づくと3時間あまり。今日発売のCDがあるのでサイン会もするとのことで、ロビーは長蛇の列になった。これじゃぁご挨拶もできないちゅーことで、ステージ片付け中の佐原さんに挨拶に行って、サイン中の古謝さんに無理矢理手を振って帰ってきた。
久々のソロライブだったからか、すごく気合が入ってるってカンジの今日の古謝さんで、いつにも増してオーラがかかってるように見えた。今日は特に、命の大切さを歌とお話を通して伝えていた古謝さん。今まであまりそういうメッセージ性を強く表に出すタイプではなかったように思ったけどな。すごく内容の濃いライブだったけど、私は、昨夏藤木さんの公演のゲストで中村家の中庭で歌った古謝さんがとても好きだ。実は沖縄ではあまり歌う機会をもっていない古謝さんだけど、中村家の満月の夜の雰囲気にあれほどマッチする唄者はいないと思う。

ちなみに本日のタイガース、開演直前に試合終了、快勝した!先発ノーミンは崩れて3回でノックアウトされたけど、無死満塁で継投した江草くんが快投して、あとは球児・ジェフ・久保田の必勝リレー。打ってはアニキがまたまたホームラン打ってくれるわ、藤本サルくんにヒーやんに、そしてまたおさむちゃんもタイムリー打ってくれるわで、ワッショイワッショイだったのである!そして、中日が今日も負けてくれたのでついに単独首位や!行くでー、優勝や!(^o^)/

|

« 海の皮膚病経過芳しくない | トップページ | 海の錠剤飲ませ作戦 »

コメント

ある人がこんなことを言ってました。
「某歌手が『童神』を唄っていると“いい唄だなぁ。私も唄いたいなぁ”と思う。
でも古謝さんがこの曲を唄ってると“あぁ、私にはとても唄えない…!”と思うのよ」
まさしく。
古謝さんの唄声は、心に身体に染み入りますよね…

投稿: SUE | 2005/05/28 13:04

まったくその通りですね。
夏川りみちゃんが唄ってますが、やっぱし全然違いますよね。
ヤマトゥグチバージョンだと特に…。
古謝さんの強い母性がああいう風に唄わせるのだと思います。
新曲の「黄金ん子」は3番目のお孫さんができるときに作ったそうです。
いい唄ですが、申し訳ないけど「童神」ほどのインパクトはないです。ちょっと残念。

投稿: いけやん | 2005/05/28 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/4242686

この記事へのトラックバック一覧です: 古謝美佐子さんライブ:

« 海の皮膚病経過芳しくない | トップページ | 海の錠剤飲ませ作戦 »