« 海の病気再発か? | トップページ | 藤木勇人「うちな~妄想見聞録vol.29」那覇 »

2005/05/02

に、似ている…

海の患部は、赤味がひいてきたのはいいのだけど、うっすらと黄土色っぽくなってきて、ますます前回の経過と様相が似てきた。「皮膚石灰沈着」であることはほぼ間違いないとみていいだろう。そうだとして、切開手術しか手段がないのか、進行を止める治療方法はないのか、それが目下の懸案事項。
今日、高崎の先生に電話して聞いてみた。カルテでも何でも、当時の資料を送ってもらって役に立つならお願いしたいと言ってみたのだが、手術後の病理検査結果の紙ぐらいしか役立ちそうにないと言われ、それなら私もコピーを持っているので要らないと断った。先生談では、切るしか治療法はないだろうとのことだけど、諦められないので、ネットで色々検索してみた。
数件、犬の症例がヒットしたが、「猫での症例報告はない」と書かれているところも。やはり犬でも珍しいらしい。しかし、個人の日記のページで、猫さんの症例が見つかった。そのコは首でなく肩にしこりが出来たらしく、やはりかなりの面積を切り取ったようだ。そのコの場合も、病理検査に出して、海と同じ診断をされ、先生も「見たことない」と首をひねっていたそうだ。偶然なのだけど、このコと海はまったく同じ時期に病気になっている。
リンク: diary .

検査結果 20020805 Mon 今日の6時すぎ、タケから「動物病院から林太郎の検査結果が出たので聞きにくるように電話があった。 何時頃仕事終わる?」とメールが入ったので、折り返しすぐ会社まで車で迎えにきてくれるように 頼んで(タケは今日非番だったので)病院まで行った。 検査結果は、何とも不思議なものだったんだけど、取りあえず悪性腫瘍とかの、身体に害のある ものではありませんでした\^o^/ 病理組織検査報告書の写しをいただいてきたので、そのまま書きます。   ****************************************   診断名:石灰沈着病巣   組織所見:腫瘤は石灰沈着を起こしたいくつもの微小結節からなります。微小結節間は比較的 緻密な線維組織からなり、少数のマクロファージ、リンパ球

|

« 海の病気再発か? | トップページ | 藤木勇人「うちな~妄想見聞録vol.29」那覇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/3977585

この記事へのトラックバック一覧です: に、似ている…:

« 海の病気再発か? | トップページ | 藤木勇人「うちな~妄想見聞録vol.29」那覇 »