« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/17

トラッキーが降ってきた

朝、黙々と鏡に向かって化粧していたら、横の洋服ロッカーのてっぺんに上っていたトラッキーが、突然ドヒャ~ッ!と頭の上に落ちてきてビックリ!
鏡には籐の枠があって、半身そこに引っかかって半身私の頭の上という状態でモゴモゴ。ひえ~!
トラッキーはパニクッて必死で半身で枠にしがみついてもがいているので、もう少しで後足で顔に猫キックをかまされるとこだった。
もうちょっとずれてたら、私の顔はちびまる子ちゃんが「タラ~ッ」と焦ってるときのタテジマ付きになってたかも。
タテジマは好きだけど、これだけは勘弁してもらいたい。
で、なんで落っこちたのかは、化粧に専念していたので全く不明。どんくさいことに間違いはなさそうであるが。

さて、今日は先輩の送別会だった。長らくお疲れさま…。彼女には大変お世話になった。阪神大震災の日の朝には車で様子を見に来てくれて、停電も断水もしていない芦屋の彼女の家に避難させてもらったりした。とても寂しいけど、今も家は近いのでいつでも会えそう。
しかし、これで私は部署内の女性社員の最長老になってしまった。(-_-;

そして今日は秘書さんの最終日でもあった。派遣さんだが、社員以上に細やかなサービスをしてくれる人だった。年が近いので何かと話が合うし、タイガースファンなので、彼女の5歳の息子とも一緒に甲子園にも行った仲。コドモ嫌いの私だが、彼とは仲良しで、「いけやん」と呼んでくれていた。公私ともども本当にお世話になった。
彼女は夫君の転勤で北京に行ってしまうので、激しく寂しい。一度は遊びに行ってみたいと思っているけど、実現するかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/15

ダルビッシュくん

出張だったり残業だったり、野球中継が見れない今週。今日は年に一度の部署の大宴会で、帰ったら既に試合終了。後半お祭りモードでアニキは2本もホームラン放り込んで、終われば10-3の大差でライオンさんをやっつけていた。これで貯金は久々の二桁、10!! 明日は交流戦最終戦だから、今日みたいにスカーッと勝って気持ちよくリーグ戦に戻って首位独走して欲しいね。
スポニュースをハシゴしていたらダルビッシュ有くんがプロ初登板初勝利とのこと。開幕前に色々あったけど良かったね。そこで思い出したのが、彼を描いた4コマ漫画。彼ってそんなに長身だったんだ…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/06/11

何故にてぃんさぐの花?

日ハム戦を見ていたら、ピッチャーの正田の打席のところで応援のメロディーが何故か「てぃんさぐの花」。正田のプロフィールを見てみたけど群馬出身。う~ん?有銘の応援ならわかるけど、なんでやねん?
と思ってたら、どうやら特定の選手に限らず、投手ならこの歌を使ってるみたい。
しかししかし駄菓子菓子!(懐かし…) もうちょい考えてみると、パ・リーグは普段のリーグ戦なら投手にはDHが出るからバッターボックスには立たないはず。交流戦ならではの限定応援歌なのかな。日ハムファンの方、おせーて、おせーて!

で、ゲーム途中で海を病院に連れて行った。いつも待ち時間が長いので携帯ラジオ持参。いつものように何故かミニチュアダックス君ばかり目立つ患者さんに混じってラジオを聴いていると、矢野の満塁アーチ!喉から飛び出しそうになった歓声とニヤケそうになる顔の筋肉をググッ!と押し戻した。
そしてちょうど矢野と「マッチ」のヒーローインタビューを無事聴き終わったところで海の順番がまわってきた。良かった~!(^o^;

海は、傷が半分ぐらいに小さくなったしカサブタもできたので、錠剤はやめることに。あまり長く続けると抗体がなくなってしまうのだとか。塗り薬はマメに続けて、もし変化があったら連れて来なさいとのことで、毎週の通院からは卒業できた。
「しかし長くかかりますねー」とセンセイ。「海くんがもともと持っているものが原因しているのかもね」とのコトだけど、結局なんだったのかわからないままに終わってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/10

移籍の暗示

今日はたっぷりTV観戦するつもりがトラブルに巻き込まれ、アニキの逆転サヨナラアーチはYahoo!の一球速報で静かに知ってしまった。(T_T) 帰宅すると既にスカイAの録画放送でも1本目の「12球団すべてからのHR」という快挙のシーンもとっくに終わっていた。(T_T)(T_T)
そしてその中継の中で知ったオッキーの電撃トレード。戦力補強の為のトレードを要求していた楽天に応える形だそうで、楽天は、来てくれるなら今日にでも!とのことで、いきなり今日からスタメン出場。そしてヒットも打ったようだ。
へぇ~、と少し驚いたのが、今朝、「矢野が横浜移籍にサイン。『こういうときもあるが、必ず阪神に帰ってきます』とコメント」というニュースを見ているを見たのだ。「イヤや!これは夢に違いない」と思いつつウトウトしていた。あまりにリアルで面白かったので、朝イチでSUEさんにメールして驚かせてみたりしたのだけど、本当に今日移籍があったとはね。矢野でなくてよかったケド。
オッキーは明るいキャラで好きだったので寂しいけど、ショートのポジションは昨年は藤本・鳥谷の争奪戦、今年は鳥谷・関本の争奪戦、と、蚊帳の外になっていて、タイガースではスタメンにはなれなかっただろうから、望まれて行く職場で活躍してくれたらいいなと思った。スポニュースでちらっと見たけど、エンジのユニフォームも似合うやんね。来年の交流戦の楽しみが一つ増えた。
で、ミクシィで面白いのを拾ってきた。「沖原が上司に恵まれません」 めちゃうまいこと作り込んでるので爆笑!そして、コアなオッキーファンがたくさんいることにも感心した。楽天では上司に恵まれますように。田尾さん、頼んだよ!
それで思い出したのが、昨秋オフシーズンに、タイガースオフィシャル携帯サイトで当たったトークショーでのこと。出演は平田ヘッドと球児。質問コーナーで、小学生の男の子が「ヘッドコーチって何をしてるんですか?」と聞いて苦笑しつつ「何もしてない」とジョークを飛ばした平田ヘッドは、その子に誰のファンか尋ねたところ、即答で「秀太!」と。平田ヘッドは更に笑って、「キミ、変わってるね~!」だって。 きっと「沖原!」と答えても同じように切り返したんじゃないかな、なんて思い出していた。

さて、アニキのヒーローインタビューで「私生活の方で心配が多いので、野球にぶつけました」というコメントはジョークなのか、本当に何かあるのかな?気になってしまった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/06/08

デッドボール

今週の阪神は、オリックスに初戦から2勝して、ゲーム差なしのダンゴ状態ではあるが2位浮上である。
今日の3回表、2死満塁の場面でアニキ金本。そこに光原が内角にデッドボールすれすれの球を投げた。アニキは逆くの字に身体を折り曲げて飛んでよけた。先週2日の三瀬の後頭部直撃デッドボールの一つ前の球のシーンとそっくりだった。しかし、当たってれば押し出し追加点の場面でもあった。
解説の本西さんは「よくよけましたねー!よくボールが見えてるんでしょうね。それだけ見えてたら、私だったら当たっときますけどね、金本は自分で打って返したいんでしょうね」だって。ふむ。それだけじゃない、きっとちゃんとよけられるから大怪我しないで連続イニング出場記録を更新しているのに違いない。
それから8回、矢野がデッドボール、続いて9回には濱中おさむちゃんがデッドボール。それぞれ違う投手なのだが、おさむちゃんに当たった途端、ベンチから正田コーチが飛び出してきた。釣られて他の選手たちも。当たった場所は背中から脇腹あたりで、決して危険球という訳でもないのになんでそんなエキサイトしてるかな、と思ったら、本西さんが「矢野も濱中も今日ホームラン打ってますからね。狙われたと思ったんじゃないですか」と。なるほど。
偶然ならいいけど、少しでもそういう気があったのなら許せへんな。或いは、濱中はやっと故障が治って出てきたばかりなのにまた怪我させたくないという気持ちからだったかもしれないとのこと。ふむ。
いずれにしても、3人とも怪我なくて良かったす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/05

海もうちょっと?

海の患部は、ほんの少しずつではあるが、小さくなってきた。剃ったところもワシワシと元気に毛がはえ揃って、患部を見るのに邪魔なくらい。飲み薬が効いてきたのだな、ということで、このまま続けることに。
薬も、チクワ作戦はもう警戒されて食べてくれなず、口アーンさせてポイッ!と飲ませるのに成功して、私も慣れて毎日じょうずに飲んでくれている。あと2~3週間ぐらいで治るかなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/04

藤木勇人「南島妄想見聞録」シモキタ

シモキタで見たのは3年振りかな?土曜の午後とあって会場は満員。そんな中、ラッキーにも最前列かぶりつきで。
今回は新作2本に旧作の焼き直し1本。ゲストは書家の田島親一氏。どんな人かなと思ったら、藤木さんの熊本マリスト時代の同級生で、ちゅらさんの沖飯屋「ゆがふ」ののれんの文字を書いた人なのだそうだ。ステージの左に大きな紙に掛け軸のように「南島妄想見聞録」の書が。うん、なかなかいい。

さて、一本目「沖縄商魂物語」。
最初に田島氏が出てきて、大きい紙に「商売」「笑売」「勝売」と、独特な字体で書いてはステージにポイポイと置いて行った。ステージ中央には何やら木枠の小道具。これは紙芝居の道具だった。初めての試みで、沖縄の風景の写真を次々に見せながら沖縄の人達の戦後の基地との関わりを軸に、何でも商売にしていくたくましさを面白おかしく語っていく。私も8年ぐらい前に行ったことのある、基地の知花レクリエーションゾーンでのフリーマーケットを紹介していた。記憶にあるフェンスの外にあった屋台のある道路は「ベトナム通り」と呼ばれているそうで、これは、今年7月下旬になくなってしまうのだそうだが、別の場所での商売を許可されたとのこと。
一本終わって、そんなことを語りながら例によって舞台の右端でナマ着替えをする藤木さん。初めて見るらしき人達からクスクスと笑いが起こった。が、上着を掴むとそのまま舞台袖に引っ込んでしまい、田島さんが出てきた。えっ、ならなんでわざわざナマ着替えするのじゃ?と、可笑しかった。

で、二本目「沖縄言葉テレショップ」。
まず田島氏が掛け軸用の大きい紙に、「ある時払いの催促なし」とかナントカ、おかしな言葉を真面目に書いて左の壁にかけてからテーブルに座り、静かに墨をすっている。
そこに「ジャパネットタカタ」のテーマ曲がかかり、場内に笑いが。なんと、この「オキネット西武門」で売るのは、田島さんが書く沖縄言葉の色紙。しかも、沖縄三大無責任コトバである。テレショップと言えばオマケがつきもの。これにはユタの訪問がついてくるというもの。藤木さんの妄想世界炸裂の一品で、大爆笑の連続。これはいいね!しかし田島さんがいないと成立しないレアなネタなのかな?と少し残念でもある。

三本目「白砂の思い」。
私がこれを初めて見たのは10年近く前の広島公演だった。いい題材なんだけど、長いしちょっと重い…。見ててしんどくなる作品でもあった。当時は普通に立って演技していたのだが、今回は、一昨年の新作ペルー提督沖縄上陸にまつわる話「異聞・ボード事件簿」で始めた、着物で座ってやる落語スタイルで。
落語風に時々拍子木のパチンで区切りをつけたりする効果がよくて、長い話がダレないし、わかりやすく改善されたと思った。

会場では、最近藤木さん著で出した本「ハイサイ!沖縄言葉」と、田島さんのウチナーグチ色紙を売っていて、両方買ってしまったサー!本はもうちょっとでAmazonで買ってしまうとこだったのでちょうど良かった。

公演はその日の夜公演と日曜昼公演で終了。日曜は既に売り切れたそうだ。良かった良かった!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/02

今季初敗戦が3タコとは(T_T)

今季の観戦2戦目まで六甲おろし歌えたので、私の負けジンクスは払拭されたかと思いきや、今日は朝から雨。そう、私はどうやら雨女でもあるのだ。雨どころか、沖縄に行くと台風や、季節はずれの台風並みの低気圧まで呼び込んでしまう。(-_-; そして私は雨の試合で勝ったことは一度もないのだ。
昨日もイガーがだらしなく負けてイヤなムードだったので、いっそ雨で中止になってくれないかと思っていた。新聞の天気予報では夜まで雨だったけど、昼前から回復してきて、この調子なら阪神園芸さんが頑張ってるだろうから決行だな、と。今日は同僚も別の席でチケットを取っていた。お互いに「行くのイヤになってきたね」と盛り上がらないまま、私は1時間ほど遅れて現着。福原は既に2本もHR打たれて5-1になっていた。更に2点取られて7-1。天気と同様、どよ~んとしたゲーム展開で、「ダルいなー。眠たいし」と見てる方もやる気ナシだったが、5回からやっと攻めて、赤星・藤本のダブルスチールなんかもあって盛り上がってきた。ほいで2点差まで詰めたから、見どころあったし負けてもいいや、て気分に。
8回、球児が城島にHR打たれたのがイタかったが、通算200本塁打ということで黄色のメガホンも拍手した。
そして9回裏、シーツのソロホームランの後、アニキに対してクローザーの三瀬が初球あわやデッドボールという球にアニキがコケながらよけ、みんなでブーイング。ところがその直後にマジでデッドボール!タイガースベンチから一斉に飛び出してマウンドに駆け寄り、スタンドは総立ちになって場内騒然。アニキは倒れてしばらく起き上がれない。テレビじゃないのでどこに当たったのかわからなかったが、頭直撃だったようだ。起き上がってもフラフラしてるようで、選手に支えられているアニキ。倒れている間は死んじゃうんじゃないかと思って泣きそうになった。しかしさすが鉄人、一塁へ歩いて行った。すご過ぎ~!
その騒動の中、感心したのは王監督。みんなマウンドに走っていくなか、王さんは真っ先に金本の方へ駆け寄って行って心配そうに見てた。オカダはどこじゃー?! アンチ巨人の私だけど、王さんだけは好きなんだよな。
さて、スタンドは「退場コール」で異様な雰囲気。結局やはり三瀬は危険球退場になった。クローザーが退場になると、中継ぎの残り投手しかいないわけで、大チャンス。しかしアニキの走塁は大丈夫なのだろうか?大騒ぎの中、マコやんのヒットにアニキ三塁へ爆走!嬉しいやら怖いやら。そしてヒーと矢野が三振に倒れた後、鳥谷のところでワイルドピッチでアニキはホームへ帰ってきた。だいじょーぶなのか~~~~?!
結局反撃はそこまでで負けてしまったけど、序盤のドヨヨーン気分からすると、見どころいっぱいのゲームだった。
いやいや、そんなコトで満足してる場合じゃない。昨日首位をツバメさんに奪われて、竜もそこまできているというのに、明日からはノリノリのロッテだ。えらいこっちゃで、ホンマ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »