« 沖縄オバァ烈伝 第2週目 | トップページ | 藤木さんNHK「金曜バラエティ」に出演 »

2005/10/16

琉フェス2005 大阪

今年もやってきた琉球フェスティバル。今年で11回目になるらしい。
私の出席率はと言うと、群馬在住の2001年は東京で参加、2002年は何かの理由でパスして、去年からまた大阪に復帰、なので計10回行ったことになる。
飽きた飽きたといいつつ、毎年何かしら「目玉」出演者がいて、やっぱり今年も行ってしまった。

会場は、去年からまた大阪ドームに戻った。実は去年は最悪で、恐らくアリーナ席のチケットを売り過ぎたのだろうが、ギューギューに詰めて座ってもまだ大勢の人達が通路やサイドのスペースに溢れ出てしまい、確保できた一人分のスペースは、正座か体育座り状態で、まさに6時間耐久レース状態でしんどいのなんのって。おかげでしょっちゅう中座しては出店に買い物に出かけたり、タバコ休憩したりとかで、ライブに集中できなかった。
「来年はもう来ないぞ・・・いや来るかな・・・来てもスタンドにするぞ」などと思ってたのだが、今年もやっぱりアリーナ。
今年は去年の反省を生かしてか、アリーナは満杯は満杯なのだが、わりと余裕のスペースを確保できた。ちょっとお行儀悪くさせてもらうと脚も伸ばせる。これなら6時間耐久もOKだ。

今年の私の「目玉」はパーシャクラブだった。パーシャは私がパスした2002年に出演していた。ソロライブをクアトロ@心斎橋で見たのはそれより数年前だから、ホントに久々に見たことになる。
が、15分だけじゃつまんな~い。それにライブハウスという小さいハコで見たときの衝撃と一体感は得られない。でも「五穀豊穣」の上地さん、カッコ良かったよ!(*^^*)

宮古のイケメン・下地勇さんは2度目かな?去年よりずっと硬さがとれて堂々と歌っているように見えた。ビッグスクリーンに映るアップに釘づけ。やっぱし男前~!笑顔にデレデレ~(#^_^#)
しかし「みゃーくふつ」はスゴイ。ホンマに外国語。ラテンっぽくも聴こえた。地元の若者であの歌詞全部理解できる人いるのかな。それと、ゲストになんと内田勘太郎!「帰ってこーい!」という声援?も飛んだ。まだ沖縄に住んでいるんだね。

順番は前後するが、オープニングはりんけんバンドだった。琉フェス6年ぶりというのが意外だった。ソロライブに行かなくなって久しいから、私が見たのも6年ぶりということか。バンドのマスコット、赤星似のポケットモンキー・カーツーがオッチャンになったなーと思った。
りんバンの曲は、林助センセイの作曲のを1つ入れただけであとは全てお馴染みのスタンダードナンバー。「なんくる」で始まって「黄金三星」で終わる。マンネリといえばそれまでだが、久々に見た新鮮さもあり、全部歌えるのもなにか嬉しくて、かなりノリノリしてしまった。
「カラハーイ」「アジマァ」は名曲揃いだったなぁ。そう、その頃は藤木さんがカーツーの位置で歌っていたのだ。私にとってのりんけんバンドは藤木さん・ヨシ坊さん退団とともに終ってしまったのだが、久々にまたCDをちゃんと聴いてみたくなった。

ちょっと注目は、奄美の「中(アタリ)孝介」。去年も出てたって?覚えてない…(^^;; きっと疲れてサボッてたんだろう。
森山直太朗風のファルセットに元ちとせ風のコブシまわし。プロフィールによると、元ちとせの島唄を聞いて感化されて民謡を始めたというから民謡界では異色のキャリアだ。これから出っぱってくるのかどうか…。

注目しなくていいのは三代目ネーネーズ。うーん、その声で「国頭サバクイ」歌わんとってほしい。残りはアラが目立たない無難な選曲と、ゆうぞうさんのしっかりしたバックバンドに支えられて聞けたけど。
そもそもなんで「ネーネーズ」を「※代目」まで襲名?しないといけないのか。初代ネーネーズのオリジナルをやってる限り、比べられて損なだけと思ってしまうのだが。

トリはやはりセイグァーさんこと登川誠仁さんだ。「ヒロシです・・・」と言って登場し、さんざん客をのせたところで突然「終わりっ!」とブッチリ切るところはたまらなくお茶目だ。
フィナーレは再びカチャーシー大会でもやるのかと思いきや「芭蕉布」とか「島人ぬ宝」の大合唱とかやってるので、アホらしくなって、駅が混む前に一足先に会場を出た。

|

« 沖縄オバァ烈伝 第2週目 | トップページ | 藤木さんNHK「金曜バラエティ」に出演 »

コメント

琉球フェスティバルと、広い琉球フェスティバルと、広い琉球フェスティバルなどを出席しなかったよ。


投稿: BlogPetのらび | 2005/10/18 16:25

おはようーございます。“沖縄オバァ烈伝”ブログからとんできました。神戸市に住んでます。琉フェス行ってられたんですねー。私は初めて行きまして、ほんとにビックリしました。去年はもっとすごかったらしいけど・・。我が家も猫が2匹います。沖縄好き。藤木勇人さんも好きですよ!一人芝居はほんとに面白いですよね。また、こちらに寄らせてもらいますね!

投稿: pochi | 2005/10/19 09:27

去年は9月でしたよね、琉フェス。
もう1年たったんですね~
その節はお世話になりました☆

最近ウチナーソングを聴く機会もめっきり
減ってしまった私ですが、三代目ネーネーズが
唄がヘタというのが哀しいですね。
ほんと、襲名しなくてもいいじゃんねぇ。

投稿: SUE | 2005/10/19 18:56

>pochiさん、いらっしゃいませ。
ご近所さんかもしれませんね。
琉フェス、初めてだったら驚かれたかもしれませんね。
藤木さんの公演は、関西ではなかなかないのですが、決まったらこちらでもお知らせしますので、また遊びに来て下さい。

>SUEさん、
去年はタイガースマフラータオルを、ふたりして首に巻いてましたよね。
今回も持って行こうかと思ったのですが、別に暑くないしなー、なんで去年持って行ったんだろう?と思ったら、去年は9月でまだ暑かったんですよね。

投稿: | 2005/10/21 01:49

おつかれでした。席取り感謝です。
エンディングはよくわからん選曲だったのね。
BEGINもいないんだから、やめとけばいいのに。
誠小最後まで観られなかったのはちょっと残念だったけど、
まあ、それなら満足です。
来年こそは琉チン出てほしいよね。

投稿: おかでん | 2005/10/21 23:04

>おかでんさん、
席取りはマイケルに感謝ね。
来年はもっと早く並んでもっと前の場所取るぞーと意気込んでいましたよ。私はあそこで十分だったけどね。

エンディング、その後は「豊年音頭」やってたみたいです。
が、おかでんさんが出られたあたりで十分見逃すものはなかったと思いますよ。

琉チン出て欲しいですね!あれで会場練り歩いて登場したらめっちゃ盛り上がること間違いないと思うけどな~。
どこかにリクエスト出せないのかしら。

投稿: いけやん | 2005/10/22 01:15

おじゃまします。
皆さん、同じアリーナ席で
盛り上がったようですね。
ヤッパリ、アリーナ席はグループで
お花見のノリでないと楽しくないですよね。

今回はスタンド席の高いところから
羨ましく眺めていました。
この次は機会がありましたら
仲間に入れてくださいね。

フィナーレは、お客さんも舞台にかけあがって
ドーム一体になっての乱舞になることを
期待していたのでチョット残念でした。

ネーネーズ、評判イマイチのようですが
外見かわゆいですよね。
拍手も多かったしー。
これって2代目のときですが
3年連続大晦日「島唄」で
カウントダウンした贔屓目だからでしょうか。

大阪琉フェス、わざわざ関東から行く
価値充分ありました。
東京では味わえない大阪ならではの
ビッグなお祭りです。
数日たっても、まだ興奮冷めやらず
といった調子です。

        つのい いちろう

投稿: 角井 一郎 | 2005/10/22 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/6450928

この記事へのトラックバック一覧です: 琉フェス2005 大阪:

« 沖縄オバァ烈伝 第2週目 | トップページ | 藤木さんNHK「金曜バラエティ」に出演 »