« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/26

タイガース今季はありがとう

2戦連続10点取られて負けたときにジョークのつもりで言っていた「一軍・二軍ともロッテの胴上げを目の前で見るかも?」がホンマになってしまった。

20年振りに見た日本シリーズ。その時は3戦目で、2連勝で所沢から意気揚々と戻ってきたタイガースだったのだが、負けた。試合の記憶はほとんどないのだけど、近鉄ファンが西本監督のカブリ物で「友情応援」してくれてたのを覚えている。
試合前、売り子さんの「日本シリーズ公式プログラムどうですか~」の声に反応。一昨年は3戦目にはもう売り切れていたとも聞いていたので買おうとしたが、うーん、この展開だとつらい記念品になってしまってしまうかなー、と従兄とひとしきり悩んだ挙句、やっぱり買うぞ!と決めた途端にさっぱり来なくなってしまって焦った。試合が始まってしばらくしてからやっと捕まえてゲット。

負け試合だったけど、4戦中一番まともな試合だったのでラッキーとしよう。
プレイオフの松中状態だったアニキからやっとヒットが出、アニキらしくフォアボールも選び、4戦目にして初タイムリーも出て、ヒーにも続いてタイムリーが出た時には涙が出そうだった。

面白かったのは、少し後ろに最初からずーっとダミ声で応援?ヤジ?を飛ばしまくっている人がいて、なんか怖そうなオッチャン…、と思って振り向けないでいた。
が、先発の杉山が4回、李にタイムリーを打たれて内野手がマウンドに集まっているとき、「アニキも行って励ましたってくれー!」と叫んだので周囲にドッと笑いが起こり、思わず振り向くと意外にも若いニーチャンだった。ニーチャンは最後まで絶叫していた。きっと昨日も来て絶叫し続けて声が枯れたんだろうなと思った。

試合終了後、ロッテの優勝をちゃんと祝ってあげよう、と思って最後までいた。タイガースファンも、半分以上残ってたんじゃないかな。前日は3塁アルプスで殴る蹴るのケンカがあったそうだが、今日は少なくとも私のまわりには暴れる人もいなくてホッとした。
harrier
表彰式は、MVPは文句なしで今江。次々にアナウンスされる、「※※から100万円の賞金」に「おぉぉ~」とファンからため息が。最後の賞品は、写真のトヨタのハリヤー・ハイブリッドだった。(「せやねん!」によると450万円相当だとか) 今江の今季の年俸が1300万円ぐらいだそうだから、この4日でその半分以上稼いだことになるようだ。
Yano_Kantosho
優秀賞も全てロッテの選手。ショボーンとする阪神ファン。しかし最後に敢闘賞があって、矢野が選ばれた。
きっと何かあるはず、と、残ってたジェット風船を膨らませて待機してたので、アナウンスと同時に飛ばした。

lotte
それからレフトスタンドのロッテファンが突然「レッツゴー・タイガース!」コールを始めた。なんて優しいんだろう!
呼応してライトスタンドからも「レッツゴー・マリーンズ!」コールが始まり、スタンド全体に広がった。
これが逆の立場だったら、果たして阪神ファンは敵チームの健闘をねぎらっただろうか?マナーが良いと評判のロッテファンだが、ホンマやねんなぁと感心した。ロッテファンが、ボロ負けだった日本シリーズの締めくくりを気持ちよくしてくれたように思った。

aisatsu1
最後は、タイガースナインもスタンドに挨拶に回ってきてくれ、「岡田ありがとう~!」と叫んで球場を後にし、従兄の行きつけの甲子園口の店で今季の「締め」をしてから帰った。

「忘れ物」が更に大きくなってしまった結果になったが、今季は最初から最後まで楽しませてくれた阪神タイガースにありがとうと言いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/25

ロッテが巧いの?

楽しみにしてた日本シリーズなのに、3戦終って、合計点数が30対2!ってどゆことそれ?!
交流戦でも負け越してはいたし、阪神は実戦から離れてたし、とか理由はあっても、あんまりにも惨めな結果。
今日こそは甲子園で、シモさんで、巻き返し!と思ったのに、まさかまさかの球児が打ち込まれてしまった。
戦略の詳しいことはわからへんけど、球児のときは、誰もフォークを振らない。狙い球を直球に絞ってタイミングをずらされないようにしているということぐらいはわかった。
シモさんにしても、ちゃんと低い所に球を集めているけど、ロッテ打線はいつものシモヤナギワールドにはハマッてくれてないみたいに見えた。

ボビー采配が巧いとか色々書かれているのはそういうことなのか。毎回打順を変えてくるボビーに対して、岡田は頑固なまでにシーズン中と同じことを繰り返している。短期決戦はそれではダメだということなのか。
初戦はどうしてもイガーと心中したかったらしいから「どうぞ、ご勝手に」と思って負けても平気だったけど、その後はどやの?安ちゃん打たれたら、出し惜しみせずに早めに球児出して、ボヤのうちに鎮めとくとか、なんとかでけへんかったんか。
今日も、球児の後がなんでサジキ君やねん?! いつまでもジェフと久保田出し惜しみして何がしたいねん?! クエッションマークがいっぱい頭に浮かぶ3試合だった。
どうせなら明日はボビーの真似して奇襲作戦で、先発球児で、JFKで3回ずつ投げて抑えたれ!
ほいでもって、ここまで打てへんアニキを降ろしてリンちゃんが4番レフトや!(爆) ついでに当たってない赤星も降ろして赤松くん1番行ったれ!


唯一抽選で当たった明日のチケットを持っているけど、行くのが怖くなってきた。
ファーム日本選手権に続いて、一軍・二軍ともロッテの胴上げを目の前で見せられてしもたらどないしょう??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/21

藤木さんNHK「金曜バラエティ」に出演

来週10/28(金)のお昼のNHK「金曜バラエティ」は『めんそ~れ!沖縄』だそうで、藤木勇人さんと夏川りみちゃんが出るようです。
NHKのHPによると、沖縄ことば講座をやるらしい。特に目新しい内容でもなさそうだが、とりあえず録画してみるべ。

yoshibo2
YTV 「沖縄オバァ烈伝」の方は、昨日の第3週目はイマイチだったかな。なんかテーマがバラけていてまとまりがなかった。
が、来週は楽しみ!予告編で、スナックのシーンにヨシ坊さんが一瞬映ったのを見逃さなかった!
ついに キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! なのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/16

琉フェス2005 大阪

今年もやってきた琉球フェスティバル。今年で11回目になるらしい。
私の出席率はと言うと、群馬在住の2001年は東京で参加、2002年は何かの理由でパスして、去年からまた大阪に復帰、なので計10回行ったことになる。
飽きた飽きたといいつつ、毎年何かしら「目玉」出演者がいて、やっぱり今年も行ってしまった。

会場は、去年からまた大阪ドームに戻った。実は去年は最悪で、恐らくアリーナ席のチケットを売り過ぎたのだろうが、ギューギューに詰めて座ってもまだ大勢の人達が通路やサイドのスペースに溢れ出てしまい、確保できた一人分のスペースは、正座か体育座り状態で、まさに6時間耐久レース状態でしんどいのなんのって。おかげでしょっちゅう中座しては出店に買い物に出かけたり、タバコ休憩したりとかで、ライブに集中できなかった。
「来年はもう来ないぞ・・・いや来るかな・・・来てもスタンドにするぞ」などと思ってたのだが、今年もやっぱりアリーナ。
今年は去年の反省を生かしてか、アリーナは満杯は満杯なのだが、わりと余裕のスペースを確保できた。ちょっとお行儀悪くさせてもらうと脚も伸ばせる。これなら6時間耐久もOKだ。

今年の私の「目玉」はパーシャクラブだった。パーシャは私がパスした2002年に出演していた。ソロライブをクアトロ@心斎橋で見たのはそれより数年前だから、ホントに久々に見たことになる。
が、15分だけじゃつまんな~い。それにライブハウスという小さいハコで見たときの衝撃と一体感は得られない。でも「五穀豊穣」の上地さん、カッコ良かったよ!(*^^*)

宮古のイケメン・下地勇さんは2度目かな?去年よりずっと硬さがとれて堂々と歌っているように見えた。ビッグスクリーンに映るアップに釘づけ。やっぱし男前~!笑顔にデレデレ~(#^_^#)
しかし「みゃーくふつ」はスゴイ。ホンマに外国語。ラテンっぽくも聴こえた。地元の若者であの歌詞全部理解できる人いるのかな。それと、ゲストになんと内田勘太郎!「帰ってこーい!」という声援?も飛んだ。まだ沖縄に住んでいるんだね。

順番は前後するが、オープニングはりんけんバンドだった。琉フェス6年ぶりというのが意外だった。ソロライブに行かなくなって久しいから、私が見たのも6年ぶりということか。バンドのマスコット、赤星似のポケットモンキー・カーツーがオッチャンになったなーと思った。
りんバンの曲は、林助センセイの作曲のを1つ入れただけであとは全てお馴染みのスタンダードナンバー。「なんくる」で始まって「黄金三星」で終わる。マンネリといえばそれまでだが、久々に見た新鮮さもあり、全部歌えるのもなにか嬉しくて、かなりノリノリしてしまった。
「カラハーイ」「アジマァ」は名曲揃いだったなぁ。そう、その頃は藤木さんがカーツーの位置で歌っていたのだ。私にとってのりんけんバンドは藤木さん・ヨシ坊さん退団とともに終ってしまったのだが、久々にまたCDをちゃんと聴いてみたくなった。

ちょっと注目は、奄美の「中(アタリ)孝介」。去年も出てたって?覚えてない…(^^;; きっと疲れてサボッてたんだろう。
森山直太朗風のファルセットに元ちとせ風のコブシまわし。プロフィールによると、元ちとせの島唄を聞いて感化されて民謡を始めたというから民謡界では異色のキャリアだ。これから出っぱってくるのかどうか…。

注目しなくていいのは三代目ネーネーズ。うーん、その声で「国頭サバクイ」歌わんとってほしい。残りはアラが目立たない無難な選曲と、ゆうぞうさんのしっかりしたバックバンドに支えられて聞けたけど。
そもそもなんで「ネーネーズ」を「※代目」まで襲名?しないといけないのか。初代ネーネーズのオリジナルをやってる限り、比べられて損なだけと思ってしまうのだが。

トリはやはりセイグァーさんこと登川誠仁さんだ。「ヒロシです・・・」と言って登場し、さんざん客をのせたところで突然「終わりっ!」とブッチリ切るところはたまらなくお茶目だ。
フィナーレは再びカチャーシー大会でもやるのかと思いきや「芭蕉布」とか「島人ぬ宝」の大合唱とかやってるので、アホらしくなって、駅が混む前に一足先に会場を出た。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/10/14

沖縄オバァ烈伝 第2週目

深夜も深夜、ゆうべは2時50分から始まった。こんな時間、誰が見てるねーん?! しかし、録画して後で見るつもりだったがついつい見てしまった。
玉城満座長演出とあってロケはコザ中心。いきなりゴヤ市場が出てきてキャー!上間てんぷら店とか、自分にとって馴染みのある風景が次々と出てくる。これはいいね~。しかし、コザに行きたい病がフツフツと沸いてしまった。今年はまだ一度も行ってない。タイガースの快進撃に夢中になっている間にこんな季節になってしまったのだ。

番組は、ゆーりきやーの力也扮するオバァが沖縄の文化や言葉を面白おかしく紹介していく。
正直に言って、藤木さんが講師だったNHK教育の『沖縄ことばチャンプルー』より面白かった…が、NHKと比べちゃ気の毒というものか。
yoshibo
「オバァの知恵袋」というコーナーで、沖縄中部の紹介のところで旧盆の園田のエイサーでヨシ坊さんがチョンダラー姿で踊っているところも映ってワーイ!
ヨシ坊さんは沖縄市役所待合ロビーのテレビの中にも映っていた。多分昔の「お笑いポーポー」のワンシーンだったと思う。ヨシ坊さんも出演してくれないかな~?と、この後の展開に期待。

公式HPと、Blogもオープンしている。番組が見れなくても、これだけでもかなり楽しめる。
URLがobar.tv ってのに笑えた。番組中でも数回紹介しており、覚えやすいので、TVタグオンとしては成功では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/12

藤木勇人の『うちなー島旅見聞録』 第7回アップ

美ら島物語のコーナーが更新されています。
第7回は「サンシンの音色」
読んでみてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/11

沖縄オバァ烈伝 関西限定放映

せなっちのHPから拾ってきました。

リンク: 琉球新報.

起こせ“オバア旋風” 関西地区で「列伝」放送へ
「沖縄オバア烈伝」が映像化されて、近畿地区のテレビに進出する。人気タレントの山田力也演じる主人公のオバア「金城カマド」が元気で楽しいコントを繰り広げる。よみうりテレビで6日から放送が始まる。番組タイトルも「沖縄オバア列伝」。6日の深夜(午前)2時20分から30分番組として毎週木曜日、3カ月間放送する。 「沖縄オバア列伝」を撮影するオバア役の山田力也らスタッフとエキストラ=沖縄市役所 スタッフ、キャストのほとんどがウチナーンチュ。「お笑い王国の大阪で沖縄オバア旋風を巻き起こしたい」と意気込んでいる。

藤木勇人さんも著者として参加している、沖縄のオバァの大胆かつ奔放な生き様?を紹介したこの本が映像になるということだ。しかも、なんとまー、沖縄での放送がない?! 視聴率的には厳しい時間帯だが、どうなることやら。1回目は見逃してしまったが、来週から録るぞ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/08

虎弟日本一ならず

ファーム日本選手権に行ってきた。昨日からの雨で、試合あるのか心配しながら出かけたけど、途中ちょっとカッパ着ただけでなんとか最後まで天気はもってくれた。
スカイマークスタジアムは初めて。アメリカのボールパーク風に改装したそうで、砂かぶりフィールド席がある。天然芝もきれいだし、座席も少し余裕があってラクだ。売店の作りもちょっとオシャレ系で、メニューもイタリアンとかインド料理とか、クレープなんかもあって楽しい。ショップではタイガース優勝グッズもいくらか置いてあり、もちろんオリックスグッズもあるのだが、イチローナンバージャージなんかもあった。

雨でグラウンド整備のため15分遅れで始まった試合結果はこう。
阪 神 100 220 000 -5
ロッテ 020 002 30×-7

5回はウェスタン本塁打王喜田がソロホームラン、そしてリンちゃんもレフトへでっかいソロホームラン!見に来て良かった~!(^O^)/
先発ノーミンが6回に崩れ、7回は3番手の前川が試合を潰してしまったけど、打つ方は元気。リンちゃんは次の打席でもヒットを打ったが、代走を立てられてベンチへ。
ヒットのなかった桜井広大くんは最終回に四球を選んで1死満塁のチャンス。しかしもともとリンちゃんの打順に入った代打の高橋が打てなかった。悔しいな、リンちゃんを残しておいてくれたら再々逆転したかもしれへんのに。
しかしリンちゃんは、優秀選手賞とホームラン賞をもらった。日本シリーズのDH候補というウワサもあるし、とっても楽しみだ!

MVPはロッテの辻選手がもらったが、3本も2ベースを打った4番の竹原の方が印象に残った。

帰りは従兄と明石まで下って、フェリー乗り場の西にあるCIROというイタメシ屋に行った。いつの間にか「イタリアン」とか「ピザ」とかのキーワードでエライ有名になってしまっているらしい赤穂の「さくらぐみ」にいた人が暖簾分け?してもらったとかで評判なのだそうだ。
従兄は「一人では行けないから」と私をダシにして。6時には着いたのだが、案の定の人気ぶりで既に予約で満杯。しかし7時までなら、という条件つきで入れてもらった。ウン、美味い!特に、力を入れているピザはすごい。ナポリから釜を仕入れたのだとか。しかも量が多い。こういうオシャレ系のお店にありがちな、大きなお皿の真ん中に料理がチョポンと、というものではない。んで、デキャンタワインを2つ飲んでも二人で5000円ポッキリだった。
隣でカップルが食べてたワタリガニのパスタもめっちゃ美味しそうだったので、次回チャレンジしてみたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/05

シモさんの嘘つき

最終戦はシモさんの15勝目がかかった試合となった。同じ14勝のカープの黒田が昨日負けたので、ココで勝つと最多勝利投手がググッと近づくことになる。
相手の横浜もAクラス確定がかかってるから真剣で、アゴ倉との投げ合いになっているのを残業中にYahoo!でチラ見。しかし2-2のままスコアは動かず、シモさんは今季最長延長10回まで投げて、鳥谷くんがサヨナラホームランで最終戦を劇的に決め、シモさんに単独トップの15勝目をプレゼントとなった。
帰宅してテレビつけたら、そのシーンが終った直後。めっちゃ悔しい~!
ハイライトだかスポーツニュースだかで、続投はシモさんが自ら志願したらしいと言っていた。もちろん最多勝がかかっているからなのだが、おやっ?ちょっと待てよ…。
9/21の、今シーズン2度目のお立ち台でのシモさんのセリフを思い出す…。


アナ:  そして、下柳さんも今シーズン自己最多を更新する13勝目。
     最多勝も見えてきました!(大歓声起こる)
     どうでしょう。最多勝に関してはいかがですか。

下柳: なんも意識していません。(爆笑と歓声起こる)

アナ: 本当ですか。

下柳: はい。

・・・嘘つき~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/04

リンちゃん活躍とアニキ特番

今日を入れてあと2試合。午後からの雨に、中止になってくれたら振替え試合のチケット取って最終戦見たいなーと思ったりなんかしてたのだけど、やはり阪神園芸さんは偉かった。

神宮2戦目に続きスタメンのリンちゃん(林威助)が4回にプロ初ホームラーン!おめでとーお!トラッキー人形をどうしたらいいのかわからずトラッキーにおしえてもらったところがなんともかわいいーい!
続いて2者連続となるアニキのバックスクリーーン!は大台の40号!! おめでとーお!
38号から39号まで少し間が空いてて心配してたのだけど、きっちり決めてくれるところが役者だねー。しかも今日のは天敵三浦からだからスカッ!
試合は負けたけど、喜田もプロ初ヒットに、赤松代走でプロ初盗塁を決めるなど、若虎はプロ初×3の大活躍で、常勝軍団への道は安泰だなと思わせる、見どころたくさんのゲームだった。
8日のファーム日本選手権も楽しみだ。

8日には、NHK BSでアニキの特集番組があるそうだ。

リンク: ドキュメント スポーツ大陸.

四番打者の心技体~阪神タイガース 金本知憲~  今、プロ野球界で前人未踏の記録を更新し続ける男がいる。阪神タイガース左翼手・金本知憲37歳だ。 昨年8月、日本記録となる701試合連続フルイニング出場を達成し、現在もその記録を更新、世界記録にも迫りつつある。 連続出場よりも困難であるフル出場を6年間も続ける秘密は、365日ひと時も疎かにしないストイックな肉体管理にあった。徹底した節制で管理された金本の肉体年齢は25歳といわれる。年々その肉体の維持が難しくなっているが、「自分を見に来てくれるファンを失望させるわけにはいかない」と金本は言う。 今シーズン、緊迫する後半戦に立ち向かってゆく金本の驚異の肉体と不屈のプロ意識…

放送日
BS1 2005年10月8日(土)午後 11:10~11:59
BShi 2005年10月8日(土)午前 8:00~8:49
2005年10月10日(月)午前 1:40~2:29 [再]
楽しみや~ o(^-^)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/03

最後のチャンス! 『沖縄ことばチャンプルー』

藤木勇人さんが講師の当番組。
お知らせをもらったのが早過ぎて初回を見逃してしまったり、最終回は「胴上げ」に浮かれて見逃したりしましたが、10月にも再々放送があります。見逃した方は最後のチャンスです。
放送予定はNHK HPでチェーック!思いっきり深夜なので録画予約しましょう。

4回シリーズで、最終回はそういう訳で見てないのですが、それまででは3回目が一番面白かったな。
6月の下北沢公演で乗せたネタ「沖縄言葉テレショップ」をアレンジして、アナウンサーを相方にして演ってました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/10/02

祝!優勝内祝品

kamaboko
虎バカ従兄が優勝内祝?品を届けにやって来た。
85年優勝時、名古屋在住だった従兄は、焼印を特注して紅白饅頭を作って配った。一昨年はカステラで、今回は紅白饅頭のリバイバルを希望したのだけど、日持ちにモンダイありと却下され、今回はカマボコ。
しかし20年前の焼印を再使用してあるのがポイントだ。それと、今年は明石在住ということで、うぉんたな(魚の棚)のカマボコ店を選んだのがこだわりの一品です。

kamaboko2
お腹に入る前に撮影していると海が寄ってきた。
パックされていてもやはり匂うらしい。
面白いから様子を見ていたら、やっぱりこういうことになった。→

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/10/01

藤木勇人の『うちなー島旅見聞録』 第6回アップ

美ら島物語のコーナーが更新されています。
第6回は「サンシンの生い立ち」
読んでみてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »