« 「ぐっさん家」に甲斐出演 | トップページ | 球春近し、リンちゃん好調! »

2006/02/10

甲斐よしひろ「ローリングサーカスレビュー」

大阪3日間連続公演の2日目に行ってきた。10分ぐらい遅刻だったが、きっと開演はそれぐらいは遅れるだろうと踏んでたらやっぱり間に合った。最前列が取れたのだが入ってみると端っこ。でもその方が照れなくてヨロシイ。
今回はバンド時代の曲オンリーという構成にしたとのことだが、わざわざそう言わんでもいっつもほとんどバンド時代の曲やんけ、と突っ込みたくなる。実際そういう構成だと我々オールド・ファンは一番ノリやすいのだけど、ホンマにそれでいいのか、新しい曲たちをもっと大事にしていきたくないのか、と疑問に思ってしまい、結局は回顧主義じゃないかと、ファンでありながら批判したくもなる。
甲斐はよく過去の自分達の功績を自慢する。今回も、自分達がデビューした頃のミュージックシーンは7割方が演歌・歌謡曲の世界だったのだが、甲斐バンドはロック主流に逆転するための戦いだったとしゃべっていた。貢献したのは甲斐バンドだけじゃねーべ、と、フン、と鼻で笑いたくなるのだが。
ミュージシャンとして長く一線でやってきており、今活躍している若手ミュージシャンからも一目置かれているというのはエライことなんだろうが、はてさて、その内容はどうか?というと、バンド解散からもう20年になるというのにバンド以降で目立った曲は少ない。それに比べると、桑田やユーミンは偉大だなーと思ってしまうのである。
にもかかわらず、毎年毎年ライブがあるとやっぱりチケットを買い、会場に足を運んでしまう自分がいる。はっきり言ってノスタルジーだけかも。そういうファン心理を甲斐はヨシとしているのか?一度聞いてみたいところだ。

で、ライブはというと、ノスタルジーをたっぷり味あわせていただきました、という内容で、満足して帰った。
オープニングは亡き大森さんの作品の「25時の追跡」。大森さんモデルらしきギターを松藤クンが弾いていて、それだけでもノスタルジックでウルウルくる。
・・・結局これでいいのかもね。
2/10のセットリストはこんなカンジ

1-25時の追跡 
2-危険な道連れ
3-ランデヴー  
4-荒野をくだって
5-悪いうわさ~ダニーボーイに耳をふさいで
6-港からやってきた女
7-ボーイッシュ・ガール
  MC
8-BULE LETTER
9-シーズン
10-ビューティフル・エネルギー
11-氷のくちびる
12-ポップコーンをほおばって
13-翼あるもの
14-漂泊者

E1-1キラー・ストリート
E1-2安奈
E1-3観覧車'82

E2-1ダイナマイトが150t
E2-2嵐の季節

|

« 「ぐっさん家」に甲斐出演 | トップページ | 球春近し、リンちゃん好調! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/8631418

この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐よしひろ「ローリングサーカスレビュー」:

« 「ぐっさん家」に甲斐出演 | トップページ | 球春近し、リンちゃん好調! »