« 藤木勇人の『うちなー島旅見聞録』 第15回アップ | トップページ | 八重山商工応援と阪神電車ただ乗り »

2006/08/12

米朝さん抜きの米朝一門会

5月に久々に落語会に行って、また落語いいなーと買ったチケットがヒルトン大阪の「米朝一門会」。豪華メンバーだ。ところが直前に米朝師匠が怪我で入院されたというニュースが入った。調べるとチケットの払い戻しも受け付けるということだったが、南光さんやざこばさんを見るのも久し振りだし当然出かけた。
昼の部と夜の部があり、昼の部の米朝師匠の代演は小米朝さん。「米朝抜きでこんなに来てもらってありがとう、お詫びに米朝の近況報告をします」と、怪我の経緯を、案の定面白おかしくしゃべってくれた。しかし脊椎の骨折ということだから、高座に復活できるか不安ではある。失礼だけど5月に見ておいて良かったのかなーと思った。
さて、小米朝さんの演目は「七段目」だった。聞いていると、私が一時熱心に応援していたむ雀さんの「七段目」を思い出し、「むーさんの方がウマイ!八百屋お七の人形振りで梯子上るところはそうじゃなくって、もっと・・・」と心の中でブツクサ言っていた。
そのむ雀さんは、私がしばらく落語会から足が遠のいている間も独演会のお知らせが来てたりしてたのだが、いつからか届かなくなった。私が何度も引っ越したりしたせいだと思っていたのだが、5月に久し振りに落語会に行って以来、動向が気になり、ネット検索をしてみたのだが、どうにも03年の秋以降のニュースが見つからなかった。米朝事務所のHPでは名前はきちんと残っているので、いることはいるらしい…。それしかわからなかった。従兄は、「一度スランプになったらなかなかお声がかからないもんだから、芸の世界は厳しいのだ」と、「売れなくなった説」だった。
終演後、従兄とグッズやCD販売のコーナーをうろうろしていると「米朝事務所」の名札をつけた女性を見つけたので、従兄が「むーさんのこと聞いてみたろ」と声を掛けてくれた。すると「まだリハビリ中なんです」という答え。
『えっ、リハビリ・・・病気?』私は気後れして聞けず、従兄が聞いたところ、脳内出血で倒れてそれ以来お休みしているのだとのこと。どこかに後遺症が残っているのか、それ以上遠慮して聞けなかったが、「きっと高座に戻ってくれることを待ってるファンがいるとお伝え下さい」とお願いしてその場を後にした。
心配だけど、「売れなくなった説」じゃなくてよかったと思ったり。
三味線や笛など芸達者で、歌舞伎などにも精通していた努力家のむ雀さん。歌舞伎や文楽ネタが入るような「七段目」や「かきわり盗人」はうまかったなー。また元気な姿を見れる日を心待ちにしていよう。

|

« 藤木勇人の『うちなー島旅見聞録』 第15回アップ | トップページ | 八重山商工応援と阪神電車ただ乗り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/11425405

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝さん抜きの米朝一門会:

« 藤木勇人の『うちなー島旅見聞録』 第15回アップ | トップページ | 八重山商工応援と阪神電車ただ乗り »