« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/09/08

ガッツ小笠原にメロメロの夜

虎キチだけど、最近マイブームになってるのが日ハムの小笠原道大選手。新米ファンなので、彼が「ガッツ」と呼ばれていることも最近まで知らなかった。
先月スカイマークのオリハム戦のネット裏ど真ん中をゲットして間近に見れるのに味をしめ、今季最後のスカイマーク戦のネット裏席を買った。
Shinjo_1
虎キチ仲間に「日ハム見てくる」と言うと、まず「ラスト新庄だね!」と言われ、ま、それもなくはないのだが、お目当ての順番でいくと、1. 小笠原、2. クローザーでブレイク中のマイケル(先月は負け試合だったから見れなかった)、次いで新庄、というところだ。

早く出たかったのに結局1時間近く遅刻し、着いたら3裏でガルシアが逆転2ランを打ったところだった。
しかしイヤ~なカンジを吹き飛ばしてくれたのがガッツ小笠原様。5回に逆転2ランを打ってくれた!お~!来た甲斐があったぞ~。
Scorerers_1
ネット裏は、ど真ん中に年間指定席が多いらしくて、特等席がガラガラなので、5回が終わったところで勝手に移動。スコアラーさんが一列に並んでいる横に陣取ってみた。まさにスコアラー目線で見れるという贅沢だ。
日ハムの二番手トーマスの変化球なんて(球種なんてわからんけど)、グイ~ン!と曲がってくる球筋が見えて迫力、迫力!
といういい展開のところでポツンと雨が落ちてきたなと思ったら、レフト側のお客さんが一斉に避難を始めた。エッ?と思ったら、雨がこっちに向かってきた。まさに通り雨だ。
Ogasawara_2
ひどくなるまで我慢しよう、と粘って座っていたら、6回小笠原の横っ飛びスーパーキャッチが出た!キャー!
さらに9回には、もう一発、もうちょっとでフェンス越えというダメ押しのタイムリー2ベースも出て、まさに小笠原デーだった。
写真は、出塁後チェンジになってそのままグラウンドに残ってグラブを待っているところ。最近散髪してスッキリ。
Ogasawara2
チェンジの間のキャッチボールでは、何故かピッチャーのようにセットして構えてから投げていた。遊んでたのかな?

Micheal1
裏はマイケルが出た。横投げで、ジェフの右版、というカンジ。2安打されてしまったけど、最後は抑えてゲームセット。「さ、帰ろ帰ろ」と席を立つ従兄を制して、せっかくだから最後の新庄を撮ろうとしたところ、敵地だがヒーローインタビューが始まった。

クールにヒーローインタビュー
もちろんヒーローは小笠原だ。実は声を初めて聞いたのだけど、これがまた低音ボイスでステキなのだ。タイガースのお立ち台のように、声を張り上げるとか盛り上げる言葉を言うとか一切なく、淡々としゃべるところがまた彼らしくてステキ♪ますますハマッてしまった。
ネット裏チケットは高いけど、今日のはモトが取れたとどころかお釣りがきた。
来季からは、スカイマークが使われる試合は激減するらしいのだが、オリハム戦があればまたネット裏席で見てみたい。
Okajima
ちなみに、中継ぎで出た元巨人の岡島。「あっち向いてホイ投法」を久し振りに見た。そこそこ活躍してるんだね。
日ハムは2位ホークスを猛追中で、プレイオフ進出決定に向かってとても勢いがあった。レフト側のファンの数も、先月来たときより多くなっていて、ファンにも勢いがある。それに比べてオリックスは悪いけどヨレヨレ。今日もキヨハラは2打席だけで、ノーヒットで谷に交代してしまった。谷がスタメンじゃないという状況もキツイ。北川もいないし、中村監督が気の毒だ。

さて、今日はタイガースは試合がなかったが、ライバル中日は広島と戦っていた。途中まで中日が5点もリードしていたので、結果を見る気になれなかったのだが、三宮で祝杯をあげているとSUEさんからメールがきて、広島が大逆転でサヨナラ勝ちした知って、ますますご機嫌になった夜だった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »