« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/30

中国四千年の歴史パワー

乳がん告知されて以後、入院中の仕事の調整をするため、病名は二人の上司には話した。(ややこしいが、上司が三名いる)
そして、もともと言うつもりのなかった、一緒に仕事をしている中国の女性にも話してしまった。だって、「ナニナニ?どうしたん?何があったん?」という勢いでしつこく聞いてくるんだもん。実はまだ会ったことはないのだが、面倒見のいい姐御肌系の性格で、一緒に仕事していても、ラクに楽しくやれるタイプの人だ。

しかし、はてさて、それからがタイヘンだった。
まずは病名を聞いてひたすらショックを受けたあと、急に切り替えて、「中国にはいい物がある!」と、漢方のアレがいいやら、食品はコレが良くてアレがダメやら、ベストセラーになっている漢方の本のことやら、etc, etcの情報攻めだ。
週末には、そのベストセラー本の重要なところをかいつまんで英語に訳してくれ、さらに、体にイイモノの作り方のレシピをいくつか書いてくれた。
091201_003
そして、ちょうど入院期間に中国に出張していた上司に、朝鮮人参と、「固元膏」という名の手作り健康食品のようなものを手渡して日本に持ち帰ってもらったのだ。
見ると、朝鮮人参は何故かアメリカ製と書いてある。ホンマにアメリカ製なのかも疑わしいところだが、なんでアメリカ製なん?と聞くと、中国製のは、品質が怪しいから、こっちの方が上等、とのことだった。ふむ。。。
ありがたくいただいたけど、やっぱり口にする根性がなく、そのままになっている。
しかし彼女は、「霊芝」の粉の良い品質の物をまだ探そうとしていて、この調子なら、誰かが中国出張するか、中国から日本に出張するたびに何かを持たせそうな勢いだったので、「日本にも漢方の医院があって、病気によっては健康保険もきくから、相談してこっちで手にいれるよ」と言ったところ、やっと中国四千年の歴史パワーブームは収束したのであった。

さて、前述のオンコタイプDXという検査の結果が24日に出た。
結果は、期待に反して、「抗がん剤要」というスコアだった。しかも微妙なラインではなく思いっきり「要」だったので、スッキリして、化学療法にいどむことにした。
それを、会社の病名を知らせた数人に報告したところ、また、中国の彼女の四千年パワーに火がついてしまい、こんどこそ「霊芝」を見つけてあげるからねー!とか言っている。でも、すごく高価な物だと思うから、いいよーと言っているのだけど、どうやら彼女の気がすまないらしい。
化学療法が要らなかったら、2月の初めに中国出張の予定があった。それはキャンセルにしたけど、行ってたら、彼女の知り合いの漢方医に連れて行かれたり、薬を買いに連れて行ってもらったりしてたはずだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/11/17

今年は年末ジャンボ宝くじを買え

と、言ったのは姉の友達。

お盆明けに3歳上の姉が胸のシコリに気づき、私も検査に行ったところ、なんと姉妹そろって乳がんが見つかった。
お互い離れて住んでいるけど、9月にそれぞれ入院し、2日違いで手術となった。
違う病院のベッド同士で電話で話したりして、妙~な感じだった。

術後の病理検査では、姉と私ではガンの型が違うということもわかり、遺伝的なもので同じのにかかるならともかく、違うタイプなら更に珍しいかも。
という難関?の確率を当てた?ので、宝くじ!と言われたわけ。
年末ジャンボの発売は来週だけど、銀行ATMに行ったついでに、ロト6等がATMで買えるのに興味をもって、ちょっと買ってみたhappy01当たればいいなflair

Blood_image私の乳がんの方は、ステージIと呼ばれる早期乳がんで、リンパ節転移も無し。統計によると極めて予後が良好だそうだ。去年は検査をさぼっていたので、姉のおかげで検査に行って早く見つかってラッキーだった。
今は、抗がん剤が必要かどうか判断する為の「オンコタイプDX」という、アメリカでしかできない遺伝子スキャンの検査の結果待ちで、その間、経口抗ホルモン剤を服用中。
姉ほどではなさそうだが、先は長い!

↑の絵は本題と全く無関係でmixiのアプリで遊んだ結果。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/11/11

今日の海島

今日の海島
遅ればせながら、モブログテスト

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »