« 今年は年末ジャンボ宝くじを買え | トップページ | まだなんともない »

2009/11/30

中国四千年の歴史パワー

乳がん告知されて以後、入院中の仕事の調整をするため、病名は二人の上司には話した。(ややこしいが、上司が三名いる)
そして、もともと言うつもりのなかった、一緒に仕事をしている中国の女性にも話してしまった。だって、「ナニナニ?どうしたん?何があったん?」という勢いでしつこく聞いてくるんだもん。実はまだ会ったことはないのだが、面倒見のいい姐御肌系の性格で、一緒に仕事していても、ラクに楽しくやれるタイプの人だ。

しかし、はてさて、それからがタイヘンだった。
まずは病名を聞いてひたすらショックを受けたあと、急に切り替えて、「中国にはいい物がある!」と、漢方のアレがいいやら、食品はコレが良くてアレがダメやら、ベストセラーになっている漢方の本のことやら、etc, etcの情報攻めだ。
週末には、そのベストセラー本の重要なところをかいつまんで英語に訳してくれ、さらに、体にイイモノの作り方のレシピをいくつか書いてくれた。
091201_003
そして、ちょうど入院期間に中国に出張していた上司に、朝鮮人参と、「固元膏」という名の手作り健康食品のようなものを手渡して日本に持ち帰ってもらったのだ。
見ると、朝鮮人参は何故かアメリカ製と書いてある。ホンマにアメリカ製なのかも疑わしいところだが、なんでアメリカ製なん?と聞くと、中国製のは、品質が怪しいから、こっちの方が上等、とのことだった。ふむ。。。
ありがたくいただいたけど、やっぱり口にする根性がなく、そのままになっている。
しかし彼女は、「霊芝」の粉の良い品質の物をまだ探そうとしていて、この調子なら、誰かが中国出張するか、中国から日本に出張するたびに何かを持たせそうな勢いだったので、「日本にも漢方の医院があって、病気によっては健康保険もきくから、相談してこっちで手にいれるよ」と言ったところ、やっと中国四千年の歴史パワーブームは収束したのであった。

さて、前述のオンコタイプDXという検査の結果が24日に出た。
結果は、期待に反して、「抗がん剤要」というスコアだった。しかも微妙なラインではなく思いっきり「要」だったので、スッキリして、化学療法にいどむことにした。
それを、会社の病名を知らせた数人に報告したところ、また、中国の彼女の四千年パワーに火がついてしまい、こんどこそ「霊芝」を見つけてあげるからねー!とか言っている。でも、すごく高価な物だと思うから、いいよーと言っているのだけど、どうやら彼女の気がすまないらしい。
化学療法が要らなかったら、2月の初めに中国出張の予定があった。それはキャンセルにしたけど、行ってたら、彼女の知り合いの漢方医に連れて行かれたり、薬を買いに連れて行ってもらったりしてたはずだ。

|

« 今年は年末ジャンボ宝くじを買え | トップページ | まだなんともない »

コメント

すごいですね〜中国四千年!効きそうな気もする反面、未知の物を口に入れるのは少し怖いですよね。
私も、オーストラリアで留学経験のある友達よりプロポリスを沢山もらいましたが今まで知らなかったので同じような気持ちを感じましたよ。
オンコタイプDXが思いっきりの要ということは抗がん剤が効くってことですものね〜やる甲斐はあると思います。
会社の周りの皆さんの、いけやんさんがなんとか良くなってほしいという気持ちはありがたいですね!

投稿: あかり | 2009/12/01 12:52

入院するの?

投稿: BlogPetのらび | 2009/12/01 14:33

あかりさん、
コメントありがとうございます。
プロポリスなら私は試しただろうなぁ。
写真の謎の物体は…見た目、ドン引きでしたわ、彼女には悪いけど…(;´Д`ヽ)

投稿: いけやん | 2009/12/01 20:43

お久しぶりです。

ご病気のことまったく知りませんでした。
淡々と語ってらっしゃるところがいけやんさんらしいです。

中国4千年の歴史パワーすごいですね。朝鮮人参はお料理にも使って食べてしまってもいいかと思いますよ。

治療うまくいくといいですね。

投稿: Hideyo | 2009/12/01 23:16

hideyo-san, ご無沙汰です。
ECOMOMの記事読みましたよ。そちらも中国歴史関連のトピックでしたね(^^;

早期で完治可能なレベルなんで、自分のことはほとんど心配してないんですよ。
自覚症状など全くないし、手術も軽かったので至って元気です(^o^)v

朝鮮人参レシピももらいました。
「yellow feather chicken」と一緒に煮てスープにする、と書いてありました。yellow featherって…、チャボみたいな鶏かな…??

投稿: いけやん | 2009/12/02 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13625/46844962

この記事へのトラックバック一覧です: 中国四千年の歴史パワー:

« 今年は年末ジャンボ宝くじを買え | トップページ | まだなんともない »