« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/06

放射線治療終了

6月30日に、放射線治療全25回が終了した。
説明された副作用の、照射部分の赤みは最終週あたりからハッキリわかるようになってきたが、痒みは大したことなく終わった。
ところが、終わった翌日から腋の下が痛くなってきた。放射線科の先生には、これくらいの赤みなら塗り薬はいらないだろうと言われて、もらって来なかったのに。考えてみると、診察のときには、胸は見せたけど、ワキは見てもらってなかった。失敗したなー。
しかし、また病院に行くのも面倒なので、抗がん剤の副作用で湿疹が出た時にもらった薬を塗ってしのぐことにした。
治療中、私のひとつ前の時間に通っていた女性は、3週目くらいから痒みがひどくなり、寝ている時はどうしても掻きむしってしまってミミズ腫れのようになってしまったそうなのでビビッていたけど、私の場合はそこまでにはならずに済みそうだ。

あとは5年間のホルモン治療のみとなった。飲み薬だけなので、通院も少ない。更年期障害の副作用が出なければいいな。
ここからまだ5年は長いけど、これで治療のヤマは越したのでホッとしている。

しかし、抗がん剤の副作用はまだしつこく残っている。手足の痺れと、変色した爪。
特にひどいのが両足の親指の爪で、何か重い物が足に落ちたかのように、黒いというか茶色というか紫というか…、まだらで、ともかく汚い色なのだ。そして、根元から少し斜めにゆがんでグラグラになってしまっている。先生や、他の患者さん談では、爪は一旦剥がれてしまうのだそうだ!それが目下の恐怖。今でも触ると超痛いのに、剥がれるなんて~!!wobbly
手足の痺れも、薬はもらったけど、治るまでにはかなり長くかかるのだそうだ。副作用なんて、抗がん剤が終わればすぐ治ると思ってたので、それは憂鬱だ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »